次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

【派遣の戯言】ワーケーションが向かないと思うのはわたしだけじゃないですよね。

急に話題のワーケーション…バケーションとりながらワークしろって…
それこそ仕事とプライベートの境が分かんなくならないのかな??

ワークライフバランス壊滅じゃない…??

 

f:id:kiravoyage:20200802152433j:plain


休暇取得しながら仕事するのがワーケーション…ってマジで言ってんの?

最近ニュースでチラチラ聞くようになった「ワーケーション」ということば。

 

また謎の横文字だ…ってことで調べたら

働きながら休暇を取ること。「ワーク」と「バケーション」から作られた造語。一般に米国では、旅費・交通費などは労働者負担でオフィスを離れリゾート地などに行き、電話会議への参加・報告書提出などをこなしつつ休暇をとる形となっている。米国人はあまり休暇を取らず、取っても会社に電話連絡をするなど完全な休暇にならないことが多いため、公式に認められたワーケーションという形が2000年代に生まれたとみられる。日本では中長期休暇が一般化しておらず、単に休日に仕事をすることをワーケーションと称している。

出典:コトバンク


と出てきた。

 

ん?


それって休暇取得してるのに働いてるってこと?


休日出勤じゃね…??

 

いや、いわゆるノマドワーク的に、どこにいても仕事ができるよ!っていう働き方は素晴らしいと思うんですよ。
在宅勤務だって、田舎に帰省しながら仕事ができるってのもいいと思うんですよ。

 

休暇を取得しながら仕事しろってのは、ちょっと違うんじゃないのか…?!!!


「休めない日本人」はまだまだ多い

もともと日本人は、プライベートより仕事を優先しがちと言われていますよね。
やりたくなくても、周りの目を気にして仕事しちゃう…休むことができない…めちゃくちゃわかります。
わたしも典型的な古いタイプの日本人だということだ。。

 

で、ここ数年やっと「休暇を取りましょう」が前面に出てきて、少しずつ休みやすい雰囲気になってきたのかなと。

長期休暇はなるべく長めに連休を取りましょうって流れもできて、リフレッシュしやすくなったのは喜ばしいことだと思いました。

が!!!

 

ここにきてワーケーションだと…??!

 

それさ!!休暇中にタダ働きしろってことだよね?!
有給休暇だったとしても、納得いかないでしょ!だって休みなんだよ?!!

 

どういうことなんだ、働き手が少ないから休みながらも働けってことなのか、それとも企業が人件費節約したいのか?
えっ…頭悪いので全然意図がわからない…!!

 

いままで休めなかった人が、連絡さえ取れるようにすれば休んでいいよ、ってことですか?
まあ、それはそれで意義があると思うけど、目指してるのはそこじゃないんじゃ?!と思ってしまう。


ワーケーション…わたしは合わなそうだなあ

ニュースで「ワーケーションを取り入れてる人」が紹介されてるのを見たんですが、だいたい出てるの会社経営者のかたなのね。。

そりゃーさ、自分で仕事を裁量できる人はいいよ。
っていうか会社経営者なんて自営業みたいなもんなんだから、どこで仕事しようが好きにしたらいいと思うよ。

 

問題は、それをその他大勢の会社員に落とし込めるかってことじゃないのかよ。
会社経営者の例なんてなんの参考にもなんないんだよ!知らんがな!!

 

ふう…ちょっと散り乱しましたが…。


まあ、ほんとにワーケーションとやらを始めるとしたら、会社によって受け取り方はずいぶん差が出そうですよね。

もちろんそれ自体無理って業種もあれば、リモートワークみたいな扱いで休暇の内には入れない企業も出てくるだろうし休暇の滞在先から仕事してくれっていう企業もあるだろうし…。

 

すんごい激務の人にとっては朗報なのかな。
わたしみたいな一介の派遣社員には到底関係ない話なのかな。

 

でも世の中がなんとなく休暇中も連絡取れるようにしろっていう雰囲気になるのは嫌だ。
こちとら会社携帯持たされるだけでストレスなんだから。。休んだ気がしないわ。。

いまの勤務先も「夏休みの前後1日は在宅勤務を推奨する」とか言ってたけど…なんか、在宅勤務は半分休みみたく勘違いしてませんかね…??それ違くない??

 

たとえば休暇の前後1日を「ワーケーション」の日にしたら、移動日と仕事の日を兼ねることができる、みたいなメリットを見出せばいいのかな。
でも海外行くとき飛行機乗ったら連絡取れないか。

 

う一む。。なんか…まだ情報が足りなくてどう受け止めたらいいかよくわからないけど、私は嫌だな。。

 

 にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ

www.kiravoyage.tokyo


www.kiravoyage.tokyo

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ