次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

映画「天気の子」の感想!今年の夏にぴったりすぎる(ネタバレなし)

映画「君の名は。」の大ヒットが記憶に新しい、新海誠監督。最新作の天気の子が公開されたのでさっそく観てきました!一言でいうとね、もう大号泣もの!!!
なるべくストーリーはネタバレしないように感想を書いてみます

天気の子聖地巡礼
天気の子 のあらすじは…王道ボーイミーツガール!

いやー、天気の子…とてもよかったです…。好き嫌いはあるかもしれないですけど、わたしは大感動…。
話のおおまかな流れとしては、ずばり王道のボーイミーツガール。少年がある少女に出会って、彼女を守るために成長していく…ってやつです!その少年のがむしゃらで一生懸命な姿に心を打たれたのでありました。。
だけど見終わったあとに冷静に考えると、あまりに王道すぎてこの手の話は色んなアニメやゲームで作品になってきたな…とも思います。なので、「ああー、このタイプね…」っていう感想を持つ人も多そうではありますかね。
そうはいっても最後の30分ぐらいは疾走感の勢いがすごいので、個人的にはめちゃめちゃ楽しんで観ることができました!ていうか感動!!笑

「天気の子」をおすすめしたいのは王道が好きな人、若さを感じたい人

さっきから言ってるように、とにかくベースは王道な少年少女の成長と淡いラブストーリーです。なので、この手の作品が好きな方にはかなりドンピシャでハマると思います!!そこにアクション要素というかハラハラ感も加わって、盛りだくさんで大充実!な映画になるんじゃないかなと。
あとは目的に向かってがむしゃらに頑張る少年少女が描かれています。なので若い頃の熱い気持ちを取り戻したい!っていう大人にもおすすめ!胸が熱くなっちゃいます!
現に前作の「君の名は。」をそういう視点で見て感動したって言ってた知り合い(おじさん)がいるんですけど、その人が「天気の子」観たらもっとやられちゃう…!って思いました。笑

東京在住や詳しい人はさらに楽しめる!聖地巡礼も!!

この映画、東京の実際にある場所やお店がそっくりそのまま風景として描かれているんです。だから東京に住んでいると知っている場所がどんどん出てきてかなり感情移入できます!!
主人公が乗っているバスの路線も実際にあって、しかもわたしがよく知る地域なので感慨もひとしお。。

天気の子聖地巡礼

今回は地域が23区内と狭めなので、聖地巡礼も比較的簡単なんじゃないかな。物語のキーとなる「代々木の廃ビル」も、代々木駅前に本当にあります。


「天気の子」おすすめできないのは現実的な人・SF映画が苦手な人

この作品の世界では、現実には起こりえない現象が描かれています。なので非現実的な内容が好きじゃない、SF映画が苦手っていう人は受け付けないかもしれません…。
「君の名は。」の時もそうでしたが、不思議な現象自体はあくまで話を彩るエッセンスでした。超常現象の謎に注目しすぎると消化不良に感じると思うので、そこはあまり気にしすぎず人物に注目して観るのがおすすめです。

それからとにかく主人公たちのがむしゃら感が全面に出ているので、「いや、そんなん無理でしょ」「熱いの苦手」って思っちゃうタイプの方だと冷めちゃうかもですね。


「天気の子」は子供連れにもおすすめできるのか

夏に公開だしアニメということで、お子様連れで観に行こうと思っている人も多いのかなと思います。
個人的な感想としては、中学生未満のお子さんと一緒に観るのは正直おすすめしないかな…というところ。
理由は、歌舞伎町などの繁華街が作品中に多く出てくるので、そういう街の仕組みというか大人の世界を知らないと面白くないんじゃないかなと感じたからです。そして子供にどういう場所か聞かれても答えづらいとゆう。
あと緊迫していて少し刺激が強いシーンもあるので、怖いと感じる子もいるんじゃないかなって思いました。もし自分に子供がいるとしたら、高校生なら一緒に観に行ってもいいかな…。(厳しめ)

「天気の子」は梅雨が異常に長い今年の夏にぴったりだった!

物語の中の東京はずっと雨が続いている世界で、梅雨が長かった今年の夏にほんとそのまま…と思いました。
長引く雨のなか、少しでも晴れ間が出るとみんなが元気で明るい気持ちになるみたいなくだりがあって。実際にも梅雨の晴れ間がこんなにも気持ちがいいものなのか!!って実感しましたねー今年は。。なので、そういう意味でも公開が今年の夏でよかったんじゃない?!って思います。よりいっそう物語に入り込めそう。。
さてさて今作はどのぐらいヒットするのか分からないですが、もう少し映画館が落ち着いて空いてきたら、レイトショーとかでひっそりもう一度観に行きたいと思っております。今度は思う存分号泣したい…!!(今回はかなり混んでたので恥ずかしくて我慢した)
相変わらず絵や音楽が美しくて…泣き所満載です。ほんとに音楽が良い!!うまいなあ、もう!!!って感じw
とにかく個人的にはすごく気に入った映画でした。映画館で観られるうちに、ぜひぜひ足を運んでみてくださいねー!!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ