次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

≪台湾≫曽拌麺の作り方!どこで買える?!インスタントまぜそばがうますぎるぅ!!

台湾のインスタント麺で、曽拌麺(ツェンバンメン)というものがあります。

このインスタント麺がすっごく美味しくて台湾行くたびに買ってきちゃうんですが、

海外の食品って作り方がイマイチ分からないことありますよね。。

今回はわたしの愛する曽拌麺のご紹介と作り方の説明をしていきます^^♪

気になった方へ曽拌麺とはどんなものか、曽拌麺を買える場所なども紹介しますね。思い出すだけで食べたくなるう♪♪

かんたんな曽拌麺の作り方!

ではでは、さっそく作り方です!

  1. 900mlのお湯を沸かします(けっこう多めですね!!)
  2. 麺を入れ、かるくほぐします
  3. 中火で4分半から5分半ほどゆでます。好きな柔らかさになるまでゆで時間を調整してください
  4. パッケージに2つタレの袋が入っているので、器にあけます。30ccほど麺のゆで汁を加えてタレをのばし、よく混ぜます。麺を加えて撹拌し盛り付けます。

以上!お好みでゆでたまごや刻んだ小ねぎ、にんにくなど好きなものを追加してね!とのことです。

これ、今回のゴマダレ味の作り方なんですが、商品によって違うっぽい。前に四川山椒味を買ったときは確か茹でるときに塩を入れろって書いてあった気がする。

 

お湯はね、900mlなくてもいいかもしれないけど、麺が浸るまでの量はあったほうがいいです!

ちゃんとお湯に麺を沈めないと茹でムラができちゃって

部分的に固くなった経験あり。

あとゆで時間は気持ち長めのほうが個人的にはおすすめ。

しっかり茹でることによって麺のツルツルプルプル感が出て、インスタントっぽさがなくなるんです!!

曽拌麺の味とちょい足しも

麺

とんでもなく映えない写真でほんとすいませんww

なんとなくこういう出来上がりになるよってことで。。

この時はもやしを一緒に茹でたものと、生卵を追加。

これはゴマダレ味なのでラー油もばっちり合います。

(このラー油も台湾で購入してます。香りが良すぎてやみつき)

坦々混ぜそばみたいなイメージでがっつりいきましょう!

特筆すべきはとにかく麺の美味しさです!!

台湾の麺類が好きな人はきっと気に入ると思う!

日本のうどんや中華めんとはちょっと違って、プルプルしながらもモチモチするんです。茹ですぎて伸びたってのとはまた違う。

そしてちぢれた麺がよくタレに絡んでおいしいの。まさに台湾の味が手軽に食べられちゃうわけです。

ただし台湾料理によくあるように、日本のものよりはちょっと薄味というかボンヤリした味なので具材を入れすぎると薄まっちゃう危険が。。

個人的なポイントは

しっかり湯切りをすること具をたくさん入れるときは下味をつけておくことです。

野菜やお肉をトッピングするときは別で塩こしょうで炒めておいてから合わせるとめちゃくちゃおいしいですよ~!!

ところで曽拌麺とはなんだ??種類は4種類!

曽拌麺は、つゆ無し麺…つまりまぜそばタイプのインスタント麺です。

拌麺とはちょっと平たくて波なみしている(縮れっていうのかな)麺のこと。台湾の伝統的な麺で、よく台湾に行くとこのタイプの麺がお店でも出てきます。

曽は実は人のお名前で、現地で有名な芸能人です。パッケージにも堂々登場されておりますね。というわけで曽さんがプロデュースした拌麺って意味。

味は4種類あり、太麺のエシャロットと四川山椒・四川山椒、そして細麺の胡麻ダレ・豆板醤です。さすが台湾、辛い系が多いですね。

山椒系はとにかく香りがいいんですよ~!いい香りと痺れにハマっちゃいます。台湾の辛さって普通っぽくても日本人にはけっこう辛かったりするので、タレを味見しながら調整してください。

ゴマダレ味

この写真はゴマダレ味でそんなに辛くないので食べやすいです。辛いのが苦手だけど麺が食べたい!という方にはこちらがおすすめ。

こちら4食入りでお値段、168元でございます。今日のレートで608円!一つ当たり150円超えなのでちょっと高級な部類のインスタント麺ですかね。

曽拌麺はどこで買えるの??

高級品なだけあって売ってる場所もちょっとハイソ。松山空港のおなじみお土産屋さん新東陽や、デパートの食品売り場なんかにあります。

場所によってはスーパーにもあるそうですよ。わたしは中山駅の新光三越で買いました。

なんと迪化街には直営店があるらしいですよ!試食もできて、その時間になると混雑で行列ができるほどだそう。さすが芸能人、儲かってますね…!!

しかし、わたし台湾行くと絶対迪化街行くんだけど一回も見かけたことないな…なぜだ…。次回よく調べて行ってみます。

goo.gl

   

このインスタント麺、台湾のみならず観光客にも比較的有名らしいですが、どうやらアメリカの有名ブロガーが紹介したんだとか。なるほど、そういうので一気に火がつくことあるよね。

その影響かどうかは不明なんですが、高級スーパーには似たような高級麺が何種類か売られています。こういうタイプが流行ってるんですかね??お間違いのないようご購入ください。

でもほかの商品はパッケージがもっと洗練されてておしゃれだったり試食が出てることもあるので、気に入ったものを買えばいいと思いますよ^^

似たような商品で、「kiki麺」っていうのも人気です。何よりパッケージがかわいい。

なんと日本でもコストコで買えるらしい

衝撃的な事実が判明しまして、友人の話によると曽拌麺がコストコに売っていることがあるらしい。しかも12個入りのオオバコで。えーー欲しい!!(;▽;)!!

わたし曽拌麺好きすぎるんで、12個なんてペロリですよ!日本で買えるなんてありがたすぎでしょ!

値段はひと箱で2,000円ちょっとだったそうです。2,400円だったとしても一食200円なら悪くないよね!コストコって案外海外のもの売ってるから、こういう時重宝するんだよなぁ。

ただし仕入れがマチマチっていうか、店舗によっても取り扱いが違うんですよね…。それがコストコの楽しさでもあるわけですが。行く機会があったら見てこようと思います。

 ちなみにですがヤフーショッピングでたまに売られてるみたいで、4食で1,280円だそうです。高いじゃないか…。そして商品リンクないの??!参考にならずすみません。。

 

んまー、せっかくなんで台湾に旅行した時ぜひゲットしてみてください。日持ちするので(わたしが購入したときは賞味期限8か月後)お友達へのおみやげにもいいと思いますよ~!

とにかく麺がおいしすぎるので、台湾の麺類が好きな人はぜひぜひ一度ご賞味あれ!!

↓↓台湾旅行で使えるWiFi。安定しているのでよく利用します。

 

台湾の美味しいドリンクについてはこちらの記事。

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ