次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

チームラボボーダレスが最高に楽しい!!混雑・服装・チケットについても!

東京・お台場にある、インスタ映えスポットとしても大人気のチームラボ ボーダレス(#teamLabBorderless)。オープンからしばらく混雑していて行けなかったんですが、先日チケット予約できたので行ってきました!

混み具合や楽しかったポイント、おすすめの服装などをレビューしたいと思います。予約の仕方も説明しますので、お好みのテーマへはもくじから飛んでくださいね。すっごくきれいでしたよ~~!!

teamlab

感動的な美しさ!チームラボボーダレスの作品

チームラボボーダレスは、ミュージアムでありながら作品を体感することができる空間です。一度入場したら巡り方は自由。道順もなければ、一度見た作品に戻ることも可能なんです。

気に入った作品をもう一度見ようと思って戻ってみても、今度は作品自体が移動してしまっているという事態も。笑 そう、この空間では作品も自由に動き回っているのです。そして作品と作品が出会って新たな作品になる、ていう不思議な事態も。同じ作品も一回見ただけじゃ満足できない、何度でも見たくなる!というなんとも欲張りな美術館…。

 

楽しみ方はこの美しい映像を眺めているだけじゃおさまりません。映像作品はただ漫然と流れているだけじゃなくて、驚くことに人が触ると変化することもあります。たとえばお花を踏むと散ってしまったり、水の流れに触るとしずくが跳ねたり。作品と自分が交わることができるなんて、ちょっとした感動ですよね!

 とかげ

こちらのスペースは、なんと自分が描いた動物が作品になる!というもの。ぬりえのような型紙が用意されていて、好きな柄をクレヨンで塗っていきます。完成したら係りの人がその場でスキャンしてくれて、すぐに作品の中を歩き回る仕組み!!大人も子供も大はしゃぎ。

そしてまたニクいのが、この世界で弱肉強食が描かれているところ…。自分が描いた動物はほかの人が描いた動物を捕まえて食べると増え、ほかの動物に食べられてしまうこともあります。さらに長い間えさを捕まえられないと消えてしまいます。なかなかシュール。

これ自然の摂理を学ぶにはいいけど、小さい子が描いたやつがすぐ全滅しちゃったらかわいそうすぎるよね…食物連鎖とはそういうものだが…。この動物たちも人に踏まれるとつぶれちゃったりします。ちなみにわたしが描いたトカゲは、どうやらたくさんのカエルを食べまくったようで引くほど増殖しておりました…(;▽;)☆

 

ランプ

 やっぱりここが一番きれいで感動した!!!一番のフォトスポットでもありますね。無数のランプが空中に浮いているみたいに見えて、まるでラプンツェルみたい~ってそういった人ゴマンといるだろうな笑

ちなみにこの作品はあんまりたくさん人が入ると危ないので、入場制限がかかります。そして入ったら中で楽しめるのは実に2~3分しかないです!!写真撮るならとにかくササッと撮らないとすぐ出されちゃいます!!

でもどんどん違う色に変化していくので、すごく感動的。これこそ空いているときにもうちょっと長居できたらいいな。

 

チームラボボーダレスに行くときの服装は?

チームラボボーダレスを楽しむための、おすすめ服装についてです。正直、服装は何でもいいと思います。

豊洲にあるチームラボプラネッツのほうは水に入るゾーンがあるので、短パンとかスカートのほうが着替えなくていいので楽っちゃ楽なんですよね。(無料で短パンのレンタルがありますのでご安心を!)

こっちのボーダレスはそういうこともないので、特に服装に大きな制限はないです。ただし運動の森っていうアスレチックや起伏の大きい場所があるので、靴には要注意。かかとがないサンダルやヒールが高かったりとがったパンプスはレンタルの靴に履き替えないといけません。靴下のレンタルはないので、履き替えるのが嫌な人は靴底が平らなものを履いていくようにしてくださいね。

 

中で自撮りをしたいなっていう人は写真に映える服を着たほうがいいですよね!中は暗くてシルエットだけで写るのがカッコいいシーンもあるので、ワンピースなんかは簡単に映えるのではないでしょうか。逆に細身パンツだと足の形が丸わかりになっちゃってちょっと恥ずかしい、っていうか映えない。笑

カエル

これはお花の作品と、カエルたちが行進する作品が出会って一緒になった図。おもしろいですよね。

チームラボボーダレスの混雑状況

気になるのは混雑状況だと思います。オープン当初は何時間も並ぶ、って話題になりましたよね!!あんまり中が混雑してるのや長時間並ぶのは嫌だな~と考えちゃいますが、当日のチケットを持っている人は限られているので、実はそんなに何時間も並ぶなんてことには中々ならないっぽい。

ただし入場する時間は指定がないので、たまたま混んでいる時間に行くと入場までに1時間も並んだ!ってことになっちゃうみたいです。午前中は子供連れのお客さんで混むみたいだし、昼過ぎは海外からの観光の方で混雑するようなのでわたしは2時ごろ行ってみました。

結果、その日は2時でもちょっと並んでいたので(!)向かいのウエンディーズでご飯食べながら様子をうかがってました。笑 2時半ごろにはほとんど待ち時間なしになりましたよ。

エントランス

口コミを見てみるとやっぱり3時前後から5時ごろまでは比較的空いているみたいです。夕方以降は会社や学校が終わった人が駆け込みで来るので、その前までが穴場みたいですね。

もしくは土日は夜営業もあるので、8時ぐらいに入るとギリギリで比較的空いているようです。1時間しか見れないのはちょっと残念ですが…。

ちなみに所要時間は2時間ぐらいかなーという感じでした。すっかり時間を忘れて楽しんでたら、あっというまに2時間過ぎてた!という。とにかく広いので、急いで観なきゃいけない場合はサクサクすすんでくださいね!!

チームラボボーダレス チケットの購入方法は3種類

チケットの買い方ですが、3つ方法があります。

  1. 公式サイトで購入
  2. プレイガイドで購入(ローチケ・イープラス・セブンチケット)
  3. 会場で購入

わざわざプレイガイドを通すより、基本的にはインターネットから公式サイトで購入するのが簡単なんじゃないでしょうか。スマホでサイトを開くとすぐに右上に「チケット購入」ボタンがあります。

購入サイトに進むと、3か月分のカレンダーが出てくるので希望する日、人数を選択。次に進んでメールアドレスとクレジットカードを登録、購入すれば終了。簡単ですね!!

購入後にメールでチケットのURLが送られてくるので、紙のチケットは不要。紛失や忘れ物の心配がなくて楽です。

ちなみにスマホがない場合は購入後のメールからチケットのページを印刷して持っていくか、プレイガイドで予約して発券してもらう、当日会場で購入するのいずれかになります。

もしスマホがない人がパソコンを使って公式サイトで予約しちゃった、プリンタもなくて印刷できない!っていう場合はコンビニのコピー機(有料)で印刷する方法もあります。

 

会場で購入する場合は注意があり、インターネットで売り切れている日は当日券はありません!!

わたしが行った日も当日券は出ていませんでした。最初から行く日が決まってる場合は、早めに予約しておくことを強くおすすめします!!2か月前の中旬からチケットの発売が始まるのでチェックしてくださいね。

 

インスタ映えだけじゃない!作品に入り込む楽しさ

というわけで、チームラボボーダレスに行った感想でした。やっぱりめちゃくちゃキレイですよね~~!!わたしデジタルアートって今まであんまり興味なかったんですが、ここ数年teamLab★の作品を見てこんなに素晴らしいんだ…こんなたくさんの人が感動するんだ、って知りました。

テーマもいつも奥深くて、森羅万象とか盛者必衰みたいな切なさとかが感じられるところが大人も虜にする秘訣なんじゃないかな…って思います。

写真映えスポットとしてばかり取り上げられがちですが、写真に興味がない人でももちろん楽しめますよ!作品と混ざり合う、自分が入っていく体験を味わってくださいね!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ