次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

【台湾旅行】MRT空港線台北駅へはタクシー乗り入れ可!《台北から桃園空港》

台北駅から桃園空港までMRT(電車)が開通しましたね~じつは私、今回初めて乗ってみました!MRT空港線は台北駅のなかで15分も歩くって聞いてて「それ微妙じゃね?」って思ってたんだけど、なんと空港線の駅まで車が乗り入れ可能だったのね!アクセス超簡単でした!

MRT空港線台北駅

MRT空港線台北駅まで車なら駅の中を歩く必要なし!

台北駅から桃園空港までMRT(電車)かバスで迷いまして。MRTは35分、バスは1時間弱。ただしMRTは空港線の駅まで、台北駅の中を15分歩くとな!

しかもわかりづらくて迷うらしい。だったらバスのほうが乗り場近いし、あんまり時間変わらないんじゃ…と思ったんです。けど。

ホテルの人に聞いたら、MRT空港線の駅まで車で乗りいれられるとのこと!!マジか!

それならばーってことで空港線台北駅までタクシーで行ってみました。

台北駅空港線 タクシー

こんなかんじで、空港線駅舎の地下は車止めが完備!ここに連れてきてもらえば、駅の中をグルグル歩く必要がないんです!!

 

台北から桃園空港まで MRT空港線の乗り方

MRT空港線台北駅

建物に入ると、目の前はなんと飛行機のチェックインカウンター。エバー航空、チャイナエアラインなど利用の人はここで荷物をチェックインできちゃいます。たしかキャセイも受付してたような。

わたくしはスクートなのでスルー。。

 

MRT空港線台北駅

チェックインカウンターを横目に右へすすむとMRTの改札があります。もちろん悠遊卡(ヨウヨウカー・suicaのような交通電子マネー)使用可能。持っていない場合は、券売機で切符を購入します。(日本語表示されるよ!)

ここを通り抜け、エレベーターを降りれば直達車(特急のような電車)に乗れます。

空港線は直達車(空港まで35分)と普通車(空港まで50分)があるので、乗車の際に気を付けてください!直通車は紫を基調としていて、車体も紫のラインが入っています。

 

MRT空港線

車内はこんな感じ。座席は特急っぽくなってるけど、ほかは普通のMRTと変わりません。座席は自由席なので空いてるところを利用できます。席が空いてなければ立って乗車すればいいので、時間がないときもありがたい!車内に荷物を置くスペースもありますよ。

MRT空港線

座席ピッチはこんな感じ。女性には広々使えます!新幹線の座席みたいなテーブルがあるにもかかわらず、ここはあくまでMRT。飲食厳禁なので気を付けて!!!!

(※MRTは駅に入ってから飲食が禁止なのです。台湾旅行の注意事項。)

 

車窓からはいい感じの景色が続いて、台北101なんかも見えます。そうこうしているあいだに、あっというまに空港到着!

 

MRT空港線

直達車(特急)は台北駅から3つ目の駅が空港第1ターミナル。第1ターミナル→第2ターミナルの順に到着します。

 

MRT空港線 直達車と普通車の違い

直達車

基調色:紫

台北駅から空港までの所要時間:約35分(第1ターミナルまで)

運転間隔:15分に1本

停車駅:5駅 (台北駅、新北産業園区駅、長庚医院駅、空港第一ターミナル、空港第二ターミナル)

充電ソケットあり

 

普通車

基調色:青

台北駅から空港までの所要時間:55分

運転間隔:15分に1本

停車駅:21駅(各駅停車)

充電ソケットなし

 

 こんなかんじで、台北市内から桃園空港まではMRTが超便利でした!タクシーで駅にアクセスする場合、通常の駅エントランスに着いちゃうと空港線の駅まで徒歩15分かかります。台北駅付近には車を空港線へ案内する看板(紫が基調)が出ているので、MRT空港線の台北駅に直接連れて行ってもらってくださいね!! 

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ