次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

低収入で豊かに暮らそうとしたら自ずとミニマリストが見えてきた

事務派遣で一人暮らしだと、できる生活なんて限られているわけで。
でも悲しいかな年はとるし、だんだん高品質なものを求めるお年頃になっていくわけで。
そして気づいた。
低収入と感じのいい暮らしを両立するには、ミニマリストしかない…!!

 

 

f:id:kiravoyage:20200830134037j:plain

 

「感じのいい暮らし」の人は、ゆるミニマリストが多い気が

最近、一般の人がYouTubeで自分の生活を公開してる動画多いですよね。
すっきりした穏やかな生活してるような動画を見てると癒されるので、わたしもよく視聴してます。

ここ数年の自分の中の憧れは「小ざっぱりした部屋」なんですが、そういう動画を見ていて気付いた。


ゆるミニマリストの人が多い!!

 

ストイックに使うものを切り詰めるわけでもなく、ほどほどに自分の気に入ったものだけを使って生活している…。
もちろんお部屋は小ざっぱり。
なんて素敵なんだ。

 

ゆるミニマリストは非正規雇用の人が多い?

わたしが見ている動画を作成している人たちは、非正規雇用のかたが多いです。
(いや、それが本当かは分からないけどね。)

多くない収入で気持ちよく暮らそうとしたら、ゆるミニマリストにたどり着いたんじゃないかなと思った。

(いや、YouTubeでけっこう収入あるのかもしれないけどね…!!)

 

本当に欲しいものはきちんと出費するし、そのかわり無駄なものは買わないし必要ないものは処分。
使っていてストレスがあるものは家に置かない。
心の平穏は、必要以上に働かないことと不要なものを持たないことで得られる。

なんか・・・

人のあるべき姿なんじゃないかって思っちゃうよ…!!!

 

「持たない」幸せを知ること(羨望)

わたしたちはまさに、
「最近の若い人はお金を使わなくなった」と言われてきた世代です。

 

親や職場の上司世代は「お金を稼いで色々手に入れて一人前」だったので、
わたしたちは“持たない暮らし"をしたいけど本当にそれでいいのか、自信が持てないでいたように思います。

 

同じ世代間でも"持つ暮らし"をしたい人も多いから、余計に"持たない暮らし"は負けなんじゃないかと思うこともあった。

 

けど幸か不幸か、私たちより下の世代を中心に”持たない暮らし”の快適さに気づく人が多くなってきた。
"持たない暮らし"の身軽さは何にも代えられないものなのだと思います。

 

わたしも以前は物欲にまみれて部屋もパンパンだったけど、
いまは、ひとまず買わないというところまでできるようになったので…!
これからゆるゆるミニマル化していけたらいいなあ~~

 

  にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ

 

www.kiravoyage.tokyo

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ