次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

《クアラルンプール旅》世界遺産の街・マラッカ マレーシアのチキンライスは団子状だった!

こんにちはkiraです。唐突ですけど、ブログって義務感で書くようになるとやっぱつまんないものですね…自分が楽しくて書いてるという気持ちが大事。。そう思うと、好きなことを仕事にするってほんとに難しいことだろうな…。今日もたのしく書いていこうと思います。(何)

 

さてさてクアラルンプール旅行記・きょうはクアラルンプールから足を延ばしてマラッカに行ってきた話!街全体が世界遺産と言うだけあってきれいな街並みだったし、伝統のニョニャ文化にも興味津々!!でもクアラルンプールから結構遠いので…無理に寄らなくてもいいのかも…。と思った件。

マラッカ

マレーシアの古都マラッカ 街全体が世界遺産!

クアラルンプールは正直これといって観光する場所も多くないので、せっかくなのでマラッカへ出かけてみましたー。マラッカはクアラルンプールから車で約2時間南下したところにある街です。

マラッカは昔、海上貿易で栄えてヨーロッパやマレー、中国の文化などが入り混じった地域なんだってさ!世界史か何かで習った、うわさのマラッカ海峡ですよみなさん!!w

午前中にクアラルンプールを出て2時間車に揺られ、マラッカ到着したころには正直ちょっとクタクタ。。休憩しながら巡れるように時間に余裕を持つのがおすすめです。。

到着してみると、街並みは赤いレンガの建物ばっかり!!旧市街感があって素敵!!まさに異国情緒がたっぷり。

マラッカ

歩いて散策していると、お土産やさんや洋服屋さんがたくさんあります。マレーシアっぽいグッズやリゾートウエアが色々売っててしかもけっこう安い。南国テイストのワンピースが2000円~3000円ぐらいで買えるので、友達とお揃いで買ってみたりしました。(帰国したら着ないやつ!w)

ネックピローもマラッカのお土産屋さんで買いました。これをきっかけにネックピローのとりこになるという。。↓

 

こんな旧市街の中にも、意外とH&Mやキールズなどなど普通に外資系のお店が入ってたりもします。

街にはお寺があったと思ったら大聖堂があったりと、文化のミックスをすごく感じる。マラッカ島という近くの島にはモスクもあります。

 

マラッカの定番グルメはチキンライス!想像してたのとちょっと違うよ

マラッカのローカルフードと言えばチキンライスらしいです。チキンライスって言ってもオムライスの中身みたいなケチャップ味のごはんじゃなくて、シンガポールチキンライスみたいなタイプね。蒸した鶏を甘ずっぱい中華味のしょうゆだれで食べるような。

シンガポールとマレーシアはお隣だから食文化も似てるものが多いみたいなんだけど、マラッカのチキンライスはこんな感じ。↓

マラッカ チキンライス

?!!

この、上の団子が積みあがってるお皿…これがなんとご飯なんです。

たぶんご飯を鶏のだしで炊いたものを、お団子状にしてるもの。なんでお団子にしたんだ??謎は深まるばかり。。で、鶏をおかずにしておだんごを食べる。

このタイプのチキンライス、正直なところ個人的には微妙でした。。やっぱり日本人がぶち当たるパサパサおコメ問題が発生してる。お団子がね、、パサパサしてちょっと食べにくいんです。。

これだったらお団子じゃなくて、ふつうにお皿にごはんが載ってるほうがおかずといっしょに食べやすいような気がしてしまいました。鶏は中華っぽいお味でおいしかった!

あと野菜のおかずが食べたくて、茹でたもやしを注文してみた。これがちょうど水分補給されて(?)美味しかったです!マレーシアにはもやし料理が有名な地域があるほど、もやしをよく食べるらしい。

マラッカ来たら必見!ババ・ニョニャ・ヘリテージ

ババニョニャヘリテージ マラッカ

マラッカに行って一番見ごたえがあったのが、じつは博物館のババ・ニョニャ・ヘリテージでした。

中国人男性とマレー人女性の子孫のことをプラナカンと呼び、その中の男性をババ、女性をニョニャと呼ぶらしいんですが。こちらはそのプラナカンの人たちが実際に住んでいた家が1件まるっと博物館になった施設。

goo.gl

建物にはきれいなタイルが貼ってあって、吹き抜けの中庭があって…昔の映画の舞台みたいですっごく綺麗!!まさに東南アジアのお金持ち感!!ここに暮らしていた一族の写真や調度品、服などが展示されています。なんか、そこに生きていた証っていうか息遣いが感じられてちょっと胸が詰まるの。

ちょっとしたところに日本の文化が出てきたりもして、こんな遠い国まで影響を出してしまった日本についても考えさせられたりします。

残念ながら写真撮影は入り口までしかできません。きれいなお手洗いが用意されてるので、マラッカでトイレに寄る貴重なチャンスでもある。

 

クアラルンプールからマラッカはけっこう遠い!!最短2時間!!

とまあ、こんな感じでいたるところに歴史を感じられるマラッカですが。ネックは交通の便が悪いこと。。

わたしは正直申しますと、今回現地在住の人が車を用意してくれたので、ただ車に乗りっぱなしでマラッカに行くことができたわけなんです。ちなみに自力で行く方法も調べたんですが、クアラルンプールからバスで2時間。バンタル・タシ・スルタン駅にバス乗り場があるので難しくはなさそうです。(KLセントラル駅から電車1本)が、バスで到着した後に市街地までタクシーに10分ほど乗らなきゃいけないらしい。

ガイドブックとか見ても、結局クアラルンプールからタクシーで行くのが推奨されてました。片道200RM(5000円ちょっと)ぐらいのようです。人数が多かったらタクシーでも悪くないか。でもマラッカまで行ってくれるタクシーを探すのも苦労しそうだな。。

で、苦労してマラッカまで行っても特にアクティビティは無いので、歴史に興味がない人はあんまり楽しめないんじゃないかな…っていう気もしたりして。弾丸旅行では無理していかなくてもいいのかな??と個人的に思ったりしましたん。

けどゴミゴミしてないからゆっくり過ごせるし、やっぱり街並みがきれいだったり売ってる小物が可愛かったりっていう特徴もあったので、行って損はないと思います!こういうテイスト好きな人はドンピシャで気に入ると思う!!

 今回のマレーシア旅行まとめ記事はこちら!

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ