次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

≪M・A・C≫カナダと日本で値段比較!どっちがお得??購入品レビューもしました!

日本でもファンが多い化粧品ブランドM・A・C。実はカナダ発ブランドなんですよね!

わたくし今回カナダに行ってまいりまして、せっかくだからメイク用品を色々と買ってみました。そして日本で買うのとどれぐらい値段が違うのか比べてみます!

買った商品のレビューもしていくので、これからマック買ってみようと思ってる方ぜひチェックしてくださいね^^

結構長いので、目的の商品へは目次からどうぞ!

 

マック

M・A・C今回の購入品とバンクーバーでの値段

ではさっそく、今回買ったものと値段を大発表。値段の単位($)はカナダドルです。

MINI MAC LIPSTICK  $12 

ON-THE-GO PREP SET  $39

MINERALIZE BLUSH  $33

EXTRA DIMENSION EYE SHADOW  $26 ×2

RETROMATTE LIQUID LIPCOLOR  $26

POWDER KISS LIPSTICK  $23

187S DUO FIBER FACE  51$

217S  BLENDING  $30

 

小計は266ドル。しかしバンクーバーは12%も税金がかかるんですね…。トータルで297.92ドルのお買い物でした。

これを書いている時点でのレートに換算すると24,952円です。旅行とはいえなかなか買ったね!笑

 

日本とカナダの価格を比較&商品レビュー

さてさて、日本での公式販売価格(M・A・Cオンラインストア参照・税込)との比較と商品レビューをしていこうと思います。

カナダドルの税込み価格を載せますが、わたしが購入したブリティッシュコロンビア州での価格になりますのでご参考までに。(カナダは州によって税率が変わります!)

そして日本円換算レートは、記事を書いている今時点でgoogle先生算出のレートとなっております。

 

リトルマック リップスティック ベルベットテディ 1,404円 

トラベルサイズで大人気のリトルマックシリーズ!これカナダではミニマックって言われてたけど、日本ではリトルなのね。

バンクーバーでの税込み価格は13.44ドル(約1126円)税金が高いとはいえ、バンクーバーのほうが278円のお得!

 

 わたしは今回ベルベットテディという色を購入しました。キリリとしたベージュ色で使いやすい!!ベージュって顔の印象がぼやけて(そして血色が悪く見えて)苦手だったんですが、これはそういうベージュリップの印象が変わりました。ほんのりピンクなんだけど可愛いというよりは大人かっこいい色で、仕事でも遊びでも使えます。ナチュラルにエッジが効いてるっていうなんともおしゃれな色!

このリトルマックシリーズ、日本だと人気ですぐ売り切れちゃうこともあるらしいですが、カナダではかなり大量に無造作に売ってました。笑

リップとかちょっと試したいときに少量サイズが買えるのってありがたいよね!旅行にもめちゃ便利だし、ほかのブランドでも作ってほしい!こんなちっちゃいの。

 

ミニマック

 

メイクアップレディ スキンTMキット 3,240円

これは完全に同じ商品じゃないので参考までに。リトルマックが複数入ったセットです。

日本ではストロボクリーム(ピンク・ミニサイズ)、プレッププライムフィックス(ミニサイズ)、プレッププライムナチュラルラディアンス(6ml・サンプルサイズ)、クレンズオフオイル(6ml・サンプルサイズ)が箱に入っております。

カナダはオンザゴープレップセットという名前でパッケージはそっくり。ストロボクリームとフィックス、ナチュラルラディアンスまでは同じです。が!

クレンジングのサンプルの代わりになんとプレッププライムリップ(リップ下地)の現品が入ってるの!!大違いだよこれ!!!

で、お値段税込43.7ドル。日本円で約3,660円です。内容が違うので比べられないですが、この差額でリップ下地がついてるならカナダのほうがいいな…。

ちなみにメイク下地のナチュラルラディアンスも、日本はピンク、カナダはイエローでした。税抜で$51分が$39とお得セットになってるんだそうですよ。ストロボクリームとフィックスとリップ下地は買いたかったからニーズにぴったり過ぎた!!笑

ストロボクリーム

前置き長くなりましたがレビューです。ずっと気になってたストロボクリーム!キラキラの下地で肌のつやアップ効果があるという商品。

うんうん、けっこう気に入りました!保湿効果もあるので、化粧水の上にクリーム代わりに使えるのがまずポイント高し。これを塗った上からマットめのファンデをのせると、下からほんのり発光した感じになって立体感があります。ただし塗りすぎると結構顔が白くなっちゃって怖いかも。

ツヤ肌系のファンデーションってあんまりカバー力がないのでマットばっかり使ってたんですが、この方法でマットファンデも重たく見えないので気に入ってます。リピートするかも。

 

 プレッププライムリップ

リップ下地です。これ、全世界のマックで一番売れていると店員さんが言っておりました。

たしかにいいと思う!!塗り心地は固くてマットです。この上にリップカラーをのせるとピタッときてよれない!なんで今までリップベース使ってなかったんだ、と後悔するレベル。笑

他のデパコスでもリップベース売ってるけど高そうだから、なくなったらこれまた買いたいなーって思えます。でも単品だと税抜2,700円らしくて、カナダだと$19だったのでそういうこと考えると二の足踏んでしまう…。いや、日本で買うしかないんだけどさ…。

 

プレッププライムフィックス

スプレータイプの化粧水。これメイクの後にスプレーして固定するのが主な役目だと思ってたからメイク用のノリみたいな成分なのかと思いきや、ふつうの化粧水なのね。だからメイク前の保湿にも使えるみたい。

メイクの仕上げ用としては正直普通??特にくずれないけど、これを使わなくても崩れないような…。保湿としても可もなく不可もなくなんで、これじゃなきゃってほどでもないかな。

だけどミニサイズでスプレータイプの化粧水ってとこは高く評価したい点です!それこそ旅行に持って行けるし、飛行機でも使えるから重宝しそう。

定番で売られている現品サイズはラベンダーとかいろんな香りが出てるみたいなんで、そっちのほうが気になるかもです。

 

プレッププライムナチュラルラディアンス

すみません、まだこれ使っておりません…。ちょっと見てみたら色もテクスチャーもクリニークの黄色い乳液みたいだった!でも日本版はピンクなんだよね多分。使ったらここ書き直します。

 

ミネラライズブラッシュ ウォームソウル 3,780円

ミネラル系のチークです。バンクーバーでは税込約3,095円。けっこう日本と差が!

 これもなかなか気に入りましたよ~!マックで濃い色のリップが欲しいと思ってたのでそれを邪魔しないチークを探してました。ウォームソウルは見た感じちょっと濃いめのベージュに見えますが、肌にのせるとナチュラルだし上品なパール感で好感が持てます。発色が悪いっていうよりは品のある発色って感じ。

なので多めにつけても下品じゃないし、わたしの肌にはよくなじんでくれてリップとアイメイクのつなぎの役を見事に果たしてるのではないかしら。そして意外と濃いリップでも薄いリップでもしっくりくるので、まさに万能チークで買ってよかったなと思ってるとこです。

さらにわたしはアイシャドウに使っちゃうこともあります!ほどよいパールとマット感(相反してるけどホントそんな感じ)で、ナチュラルなオレンジメイクのときまぶた全体に塗るとしっくり。

色はめちゃくちゃ気に入ってるけど時間がなくて適当に色選びしちゃったので、次回はほかと比べながら買いたい。笑

 

エクストラディメンション アイシャドウ 3,132円

アマラスアロイ・スウィートヒート

マックと言えば!な単色アイシャドウも買ってみました~。エクストラディメンションというキラキラしたラインで、こちらバンクーバーでは各約2,439円でした。

これもすごくよかった!ていうかマックの化粧品どれも基本的にめちゃ気に入りました。笑

スウィートヒート

これは薄いピンクがベースなんだけどちょっと茶色に見えたり青みがかって見えたりする、不思議な色です。偏光ってわけでもないんだけど…。

なので色んな肌の色に合うと思うし、合わせるシャドウともケンカしなくてとても使い勝手が良い!もっぱら最近はこれをベースにしてます。白すぎないから悪目立ちしないので大人でも使いやすいラメなんじゃないでしょうかっ??

アイシャドウ

アマラスアロイ

あれ?!これ公式サイトに載ってない…でも店舗にはあります!ご安心を!

こちらは赤茶っていうのかな、赤みが強い銅色です。しめ色に使おうと思ったんですがこれも便利で、塗ってみると思ったより品があって奇抜にならないです。なのでがっつりめにしたい日はしめ色だけじゃなくてちょっと広げてみても可愛い。

こっくりした秋冬の色かな?と思ったんだけど、あったかくなってからも暑苦しくなくて継続中です。これ一年中使えるかも!と個人的には思う。一時期廃盤になったらしいですが、今年復活したんですって。やっぱ人気色だったってことかな。

そしてスウィートヒートとの相性が抜群^^♪♪とりあえず迷ったらこの二つを愛用。

 

レトロマット リキッドリップカラー ジェムズ&ローゼス 3,996円

液体タイプのリップカラー。バンクーバー価格はこれも2,439円です。

お、エクストラディメンションとカナダでは値段が一緒なのに日本ではこっちのほうが高いんですね!現地で迷ったらこっち買わないと。(笑)ていうか現地とかなり価格差出ましたね~比べた甲斐あるわ!!

 

なんていうんだろう、このタイプのリップカラーを初めて使いました。液体なのでグロスっぽいかと最初思いきや、まったくみずみずしさやグロス感がない!(笑)不思議なことに液を唇にのせるとビタッ!と色がついて、水分が一瞬でなくなっちゃうの。

そんなわけなのでこれがマックのリップで一番ロングラスティングだと店員さんが言ってました。18時間持つって言ってたかな??確かに軽く食べたぐらいじゃ落ちない!しかも色ムラにならないので塗りやすいです。

ただしお察しの通りめちゃくちゃマットです。だから唇の縦じわが気になる人は向かないかなー…。でもわたしが買ったのはジェムズ&ローゼスというメタリックタイプの色なので、そこまで縦じわは気にしてない。

メタリックなのにマットってめちゃカッコいいよ!!この色はピンクがかった液だけど、塗ってみるとけっこう暗めブロンズ。わたし肌が白めなんでブロンズってどうかな…と思ってたんですが、ピンクが入ってるおかげかこれはバッチリ似合いました!!試してみるもんだ!夏に映えそうです!

だがしかし…これを日本価格でリピートするかっていうと、ちょっと微妙。色も日常使いしない色味なので、安かったらひとつ試してみたい、って感じです。

 

パウダーキスリップスティック デボーテッドトゥチリ 3,240円

軽いつけごこちが珍しいリップカラーです。現地価格は約2,157円。おお、これも1000円以上の差が出ましたな。

 

特筆すべきはこの、ちょっと不思議な軽いテクスチャー!塗ってみるとさらさらして名前の通り粉っぽいんですよ。だから塗っても重たくならないし、濃いめの色でもバキッと色が出る感じじゃないの。

わたしはけっこう濃いめのいわゆる赤リップと言えそうな色を買ったんですが、ふんわりした質感のおかげできつすぎないし、色味の調節ができます。グラデリップにも使えそう。

ただし軽いのでモチはそんなによくないかなー。でも気になるほど早く落ちるわけじゃないからまあいいかなと。そこまで縁取りを気にしなくても大丈夫だから、食事の後に軽く塗り直すのも楽々。

色味も結構気にいってて、若干茶色?オレンジ?が入った赤です。暗めの朱色というか…。今年はブロンズ系が流行るって話だしガンガン使えそう。

 

#187S スティプリングブラシ 7,668円

実は今回、顕著に差が出たのがこれなんです!!フェイスブラシ!!現地価格は約4,784円。2,900円近く違いますよね。

 

いやー、やっぱりフェイスブラシって大事ですね。これすごくよかったです。これでメイクするととにかく時短だし、これしかなければパウダーファンデからチークからハイライトまで1本でいけちゃう。

ブラシの先は毛が細くなって2層になってる風なので、ふんわりのせたいときにもってこいです。いつも下地したあとにこのブラシでパウダーファンデをとってクルクルのせると軽くてパウダーファンデじゃないみたいな仕上がりに!スポンジで塗るベタッと感が出ないので、このブラシのおかげでパウダーファンデに目覚めたといっても過言じゃないです。

ただピタッと塗ったほうがいいファンデには当然ながら向かないです…。わたしはカバーマークで試したらムラ?っぽくなっちゃって全然ダメでした。お互いの良さを殺してしまった。笑

このブラシ、日本で買うにはちょっと高いけど買って損ないと思います。どっちかっていうとカナダで安く買えてラッキーだった!

下のリンクは持ち運び用なので短いバージョン。柄が長いものもあります。

 

#217S ブレンディングブラシ 3,888円

これもブラシ。上の写真の左側です。これはマックの店員さんやらメイク系のユーチューバーさんやらが必須!と声を大にしてる大人気のアイシャドウブラシですね!!

こちらはバンクーバーで約2,814円でした。なんかブラシ系は現地が妙にお得だね??日本価格も高すぎるとは思わないけど、カナダがむしろ安いわ。

 

これも人気なだけあってよいブラシだと思います!これを使うことでアイシャドウのなじみがぐっと良くなって、ちょっと敬遠してた色味すら肌に合ってくるような…。シャドウを重ねるときもブレンドがうまくいくので、商品の魅力を引き出すのはツールなんだと改めて思いました。

やっぱこのブラシも買う前と後じゃブラシに対する自分の中での価値観がガラッと変わったので!ほんとに買ってよかったと思ってます。おかげでメイクがたぶん上達しました。笑

 

 

免税店ではM・A・Cは安いのか

商品にもよりますが、かなりカナダで買ったほうがお得だったということが分かりましたね~。そうなると次に気になるのは免税店です。

まず日本の空港(わたしは羽田利用)の場合、ふつうに買うより20%前後安いそうです。が、品ぞろえがあんまり良くなくて…しかもマック担当の店員さんがたまたま不在だったみたいで、商品の在庫があるかどうかもままならなかったので何も買いませんでした…。シャドウはかなり限られてたけどブラシは色々あったな。ほしい商品があればラッキー!

ちなみにライトフルCのパウダーファンデーションはカナダにありません!(しかも日本製)なので日本の空港で買うのがお得。

 

そして肝心なバンクーバー国際空港。実はこっちでライトフルシリーズの下地とか買おうと思ってたのに、なんと置いてませんでした!!!(ショック…路面店にはあった)

そのほかのものはけっこう品ぞろえ良かったです。さすがカナダ代表ブランド。だからたぶん、わたしが今回街なかで買ったものは大体空港に売ってそうです…。空港の店舗が小さくて欲しいものが買えなかったらと思って街なかで買ったんですが、完全に裏目。ブラシなんか高いから空港で買うのがいいと思います。

ショックのあまり(というか時間もなくて)詳しく値段は見なかったんですが、少なくとも消費税の12%は安いでしょうから。。12%は大きいよね!

 

結論M・A・Cはカナダで買うのが結局安い

ということで長々と比較してまいりましたが、カナダのほうがだいぶお得だなーということが判明しました^^ホクホク^^

実は、同じカナダ発ブランドのNARSはそんなに大差ないらしいです。どういう仕組みなんでしょうね~??

とにかくカナダでマックを爆買いしたらかなりマックのトリコになってしまったので、(結局日本でも買い足した)カナダに行く機会がある方はぜひチェックしてみてくださいね!!

 

 

カナダのおみやげ ルルレモンについての記事はこちら。

www.kiravoyage.tokyo

BATH&BODYWORKSについてはこちら。

www.kiravoyage.tokyo

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ