次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

【派遣OL初日】辛い気持ちがちょっと楽になる考え方。新しい職場は不安だよね!

こんばんは、新しい職場に移りたてのkiraです。

派遣社員だとちょこちょこ職場が変わることはしょうがないですよね~。でも毎回緊張するものです…。ひょんなことから辛い気持ちがちょっとだけ楽になる考え方を知ったので、この機会に記事にしてみます!

 

ストレス解消

 新しい職場って緊張して不安!疲れる!!

実はわたくし、3か月の無職期間を経て(そのあいだにカナダとか行ってたわけです)つい先週から新しい職場に通い始めました。

いまちょうど2週間が過ぎたところなんですが…なかなか精神的にしんどい!!

初めはなにかとしょうがないけど、やっぱり新しい環境は緊張するし気疲れするし。そして若いころよりも柔軟性がなくなってるのか、今回は特に緊張してる気がしてます。ふー。

しかもわたしに業務を教えてくれている人のことをちょっとまだつかめてなくて、(あんまり愛想が良い人ではない。多分いい人だと思うんだけど。)その人に対しても緊張というかビクビクしてるし、業務も急に色々詰め込まれてアワアワしているところで。。

もう行きたくないな…とか思うけど。。働かないと生きていけないってさびしいことね。。

 

衝撃の研究結果!自分と同じ気持ちの人が全世界に2割いるらしい

こういうときって心細いし周りの人はふつうに働いてるし、つらいのは私だけって思いがちですが…。

個人的にかなりびっくりした研究の話を聞きまして、全世界の2割の人がいまの自分と同じ気持ちらしいです。

え、どゆこと?って思うよねwにわかに信じられないよねww2割って多くないか?!

とは言ってもそういう話なんだから一旦それを信じるとして。。w

自分がつまづいたときって自分だけつらい、なんで自分だけ…ってすぐ思っちゃうけど、じつは全世界で同じ気持ちの人がいーーっぱいいるって思うと不安も少し楽にならない?って話。

 自分の身の回りを見まわして、どこにいるんだよ!って思うんだけど…。

でも自分の近くにはいなくても、たとえばこの世の中のどこかに大量の新入社員がいるかもしれないし、転職した人もいるし学校を転校したばっかりで不安な子もいるだろうし、結婚とかで知らないコミュニティに入ることになった人や新しい老人ホームに入る人もいるだろうし…。

そういう人たちがわたしと同じような気分だと思えば、けっこう世の中にいっぱいいるかな?!って気がしてきます。w

 

自分と同じ不安を抱える人のために祈れたらいい…らしいが

ええと、この情報の元ネタはね、わたしの趣味のヨガ関係なんですけど。

そしてここ一週間、瞑想を始めたんです。そのなかで、自分の不安な気持ちを解消する瞑想として、自分の平穏と世界の同じ気持ちの人の平穏を祈る、自分の敵の平穏を祈る…というものがありまして。

でもね、わたしの心が狭いのか、やっぱり素直にまだこのやり方は落とし込めてないんです(;▽;)

他人の平穏どころか、自分の平穏を願うことすらいまいちピンときてない…修行が足りないのね。。

だけどまあ他の人や敵までもが穏やかな気持ちだったら、ケンカやギスギスすることも減るよねっていう理屈はわかります!

これを続けていくと、自分の今の環境で満足することができたり嫌な他人も許すことができるようになる…みたい。そこまでの境地になれば確かに少し生きるのが楽になりそうだ!

 

結局つらいのは自分だけじゃないよってこと

なんか全然記事としてまとめられなくなりましたが…。他人の幸せを心から祈れるかどうかは追々の目標にするとして、とりあえずは自分と同じ気持ちの人がたくさんいるなって思うと心強いですよね。

失恋したら失恋ソング聞いてみたり、生活に満足していないと同じような境遇の人のブログを見てみたりってことと同じなのかな。

もちろんそのことに気付いただけで明日からルンルンで仕事に行けるかっていうと全然だし、仕事ができなくて不安になったり気を張って生活することは変わらないんだけども。。

そしてもうひとつ、なにかあったときに「嫌だな!」って瞬間的に考えちゃうのは、今までの人生の中でそういうクセがついてるんだって…!これが「年取ったから柔軟性がない…」って感じる原因なのか?!瞬間的に嫌な考えに持っていかない練習をすると、だんだん良い方向に考えるクセもつくらしい。

なんとなく自分をいたわるっていう考えがあんまり得意じゃないけど、「新しい環境は不安…足手まといで悲しい…」ってとこで終わらずに「つらいのはひとりじゃないよ。今日も頑張ったね。」ってとこまで一旦持って行ければ、ちょっと心が軽くてあったかくなるなって思いました^^

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ