次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

ヘアドネーション(髪の寄付)してきたよ!ざっくりなやり方とか感想とか

こんにちはkiraです。今日は長かった髪を切るついでにヘアドネーション(髪の寄付)をしてきた話。30センチってけっこう長いねーー

 

ヘアドネーションしてきたよ!それって何??

さてさて。ちょっとですね大きくつまづいた事件があったので、スッキリしようと思って髪を切ってきました。

わたし実はここしばらくロングヘアだったんですが、思い切ってズバッと短くしようかと!!んで、そこでふと思い出したのがヘア・ドネーション(髪の毛を寄付すること)というしくみ。

カツラ(ウィッグ)やエクステって、人口の毛で作ったものよりも本物の人毛で作ったほうがリアルできれいなんですよね。しかもそうそう人の長い髪の毛なんて手に入らない。ゆえに高級。

で、どうせ長い髪を切るんだったらその毛を寄付してくれませんか??ってのがヘア・ドネーション。この寄付した髪の毛を使って、主に小児がん患者さんのウイッグを作ってプレゼントするんです。

何の役にも立たないで捨てられちゃうんだったら、だれか使ってくれたほうが嬉しいよね!ってことでわたしも寄付してきたよ。

 

必要な長さは30センチ!ヘアドネーションは美容院で切ってもらうのがおすすめ

わたしは自分が通っている美容院でドネーション用に切ってくれるってことだったのでお願いしてきました。一般的にヘアドネーションには30センチ以上の髪の毛が必要な場合が多いです。(寄付先によって15センチや31センチなど規定が違います)

まずは髪の毛がバラバラにならないように、そしてちゃんと長さを取れるようにブロッキングして結わいてもらいます。で、チョキン。

ヘアドネーション

こんなふうにまとめて髪切ってもらったことないからなんか変な感じ…数年連れ添った大切な髪の毛です…w

ヘアドネーション

美容師さんにやってもらうとあっという間の作業だけど、これ自分でやるのはなかなか大変だと思います!しかもちゃんと長さがないと、せっかく寄付した髪の毛も使ってもらえないってことにもなりかねない。

なので、できればヘアドネーションに協力してくれる美容院を探して、美容院で切ってもらうほうがいいかと。長さに余裕がない人(30センチぎりぎりの場合)は特に!

あと普通はシャンプーしてからカットしてもらうことも多いですが、ヘアドネーションの時は濡らす前に切ります。じゃないと寄付する髪が傷んだりカビが生えて使い物にならなくなっちゃうんだってさ。自分で切る時も気を付けてください^^

ちなみに30センチの目安ですが、私の場合、ちょっと胸にかかるぐらいの髪を顎上まで切りました。A4サイズの縦幅が30センチ弱だったと思うんで、それをあててみるとわかりやすいかも。

わたしがお願いした寄付先は、カラーした毛でも白髪でも多少傷んでてもOKらしいです。なので気になってる方、意外とできると思いますよ!

 

ショートカットになって気分スッキリ★★

長い髪を切るのにちょっと迷いもあったんですけど、いざ切っちゃうと超気分いいです!w まあこれはドネーション関係なく…自分的に短い髪が気に入ったっていう。

いや、でもここ数日けっこうメンタルやられてたんだけど、髪切ったら思った以上に気分が明るくなってびっくりしてます。やっぱ髪型大事なのね。

ヘアドネーションもここ数年流行ってて、自己満だ偽善だって批判的な声もあるけどまあ別にやってもいいんじゃね?って私は思った。やりたくない人はやらなきゃいいだけだし。そこは他人の意見聞いて決めることじゃないかなと。寄付した人の自己満だとしても、それで誰かの役に立つならやらないよりいいんじゃないのかなあ。

まあ確かに、寄付した髪が高額で取引されるようなことになってたら悲しいんだけどさ…わたしが思い描いてるような活用のされ方を祈るばかり。ってことで、そういう意味でも信頼できる美容院で信頼できる団体に渡してもらうほうがいいのかなと。(わたしは美容院を信頼しきって寄付先を聞くのわすれました…後日受領書みたいなのが届くそうなので、寄付先が判明したら載せます)

あ、ちなみに最近では15センチでも寄付できるらしいですが、こちらは筆やら刷毛やらになることも多いみたいです。それはそれでいいけど、だったら材料代ちょうだいって言いたくなるかな。w 使われ方が気になる方はちょっと調べてからがいいかも。

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ