次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

【弾丸台湾】早い!安い!うまい!ルーロー飯は鬍鬚張(フォルモサチャン)がおすすめよ

こんばんはkiraです~旅行記書いてるけど、いまは全然違う生活してます…働いてるし節約だし。楽しかったことを思い出しながら書いておりますが…早く旅行いきたいな~~

 

弾丸台湾の続き。魯肉飯(ルーローハン)の名店は数あれど、いちいち巡ってる時間がないのが弾丸旅行の寂しいところ。でもやっぱりルーローハン食べたいよね!ってことでチェーンの鬍鬚張(フースーチャン・フォルモサチャン)によく行きます。

今回も行ってきたのでさくっとご紹介~!おいしいよ!

ルーローハン

ルーローハンのチェーン店・鬍鬚張(フォルモサチャン)

台湾グルメのひとつに魯肉飯(ルーローハン)というものがあります。

甘辛く煮た豚の細切れをごはんにかけてサクッと食べる、めちゃおいしい食べ物。味付けは豚の角煮に近いと思っていただけるといいかな。

比較的どこでも食べられるし夜市でも売ってたりするんだけど、じつはお店によって味付けの個性が光ってる場合がありまして。そして日本人の舌にイマイチ合わない!っていうルーローハンも多いような気がしてます。

(香りづけが強かったり脂っこかったり、なんとなく味がぼやけぎみだったり…色々個性があるわけです。)

そんなわけで台湾旅行から帰ってきた知り合いから「ルーローハンってイマイチだった」って聞くこともけっこうありまして。

で、私が思うにチェーン店の鬍鬚張(フースーチャン・フォルモサチャン)はけっこう日本人好みの味でおすすめできるんじゃないかな?!って思うんです。

こちらのお店、けっこうな一大チェーンで色んなところで見かけます。だから時間がない弾丸旅行者にもぴったり。提供も早いからまさにファストフード感覚で寄るのがいいと思います。

写真を撮るのを忘れたのがすごく悔やまれるんだけど、看板がヒゲのおじさんというインパクト大なお店。

店名のフースーはあごひげってことらしいです。あごひげのチャンさん。英語名のフォルモサの意味は、台湾島のこと。

↓こちら公式サイトなんですが、この髭のおじさんのマークが目印です!!!

www.fmsc.com.tw

 

日本人好みの魯肉飯(ルーローハン)!鶏肉飯(チーローハン)もあるよ

というわけで今回の弾丸旅行も、帰国直前に寧夏夜市ちかくの店舗へ行ってきました。

フォルモサチャン

 はい、こちら。右から二番目がルーローハン!その左の白いのは鶏肉飯(チーローハン)といってお肉が鶏肉バージョン。

一番左は大根スープ(冬瓜だと思ったら大根が出てきたw)で、一番右はなぜかソーセージを注文しました。

こちらのルーローハンは甘すぎないしけっこうお醤油が効いていてはっきりした味付けなので、日本人も食べやすいんじゃないかなって思います!お店によっては甘くて醤油がはっきりしないところもあるので、台湾初心者の方は戸惑っちゃうみたいで。

ルーローハンが甘辛いしょうゆ味なのに対し、チーローハンは塩ベースのごま油が効いたあっさり味。対極のようなお味です。だから両方頼んでシェアすると2度おいしい!!奈良漬みたいなお漬物が添えてあって、これがまたいい口直しになるんですね♪

このお店に限らず八角みたいな中華独特の香りが苦手な人は、チーローハンのほうが苦手要素が少なくて食べやすいんじゃないかな。よく焼肉屋さんの牛タンにかけるネギ塩ダレみたいな味で食が進みます。

大根スープはほっこり薄味で、濃いめのご飯にぴったり。今思うとおでんのつゆを薄味にしたようなお味かな。そしてソーセージはわたしちょっと苦手でした…けっこう甘くて八角の味が強め。夜市でよく売ってるソーセージの味ね。八角は嫌いじゃないんだけど、台湾のソーセージは甘辛さが強めなのでちょっとなじまないのです。。

ほかにも小鉢料理が色々あるので、試してみるのも旅の醍醐味ってことでw

 

↓わたしが行ったのはこちらの店舗!寧夏夜市が行われる通りです!

goo.gl

さくっとルーローハンなら鬍鬚張(フォルモサチャン)でどうぞ♪

もちろんルーローハンの名店と言われるお店もあるんですけど、弾丸旅行だとなかなか全部まわりきれないからね…。鬍鬚張(フォルモサチャン)はいろんなところに店舗があるので時間がない出張の時なんかにもおすすめできます。そしてなにより美味しいし!!

チェーン店だけどふつうにローカルの方々でいつもにぎわっているし、店内は綺麗なので安心して食べられますよ。

というわけで私の今回の1泊2日台湾弾丸旅行は、これを食べて空港に向かい終了いたしました~。満腹まんそく~!

桃園空港にもあるので台湾最後の最後に腹ごしらえ!ってのもいいですね~♪安定していつも美味しいしおひとりさまでも入りやすいので、出先で見つけたらぜひご賞味あれ!

今回の弾丸台湾旅行まとめ記事はこちら!

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ