次の休みはドロンします。

派遣OLの旅行記や派遣記、生活の知恵など

スポンサーリンク

【すっぴん注意】飛行機内では日焼け対策したほうがいいらしいです

飛行機に乗る時は、なるべくゆったりできたらいいなーって思いますよね。国内線の数時間ならまだしも、国際線だと機内泊というスケジュールもあります。

われわれ庶民はエコノミークラスにぎゅうぎゅうに詰め込まれて過ごすわけなので(汗)できるだけストレスフリーな体制で体を休めたいなーと思うわけです。

特に女性についてなのですが、機内泊の時に機内ですっぴんになる派とお化粧を落とさない派に分かれると思います。よくネット上でも『飛行機内で快適に過ごす方法!』みたいな記事に、お化粧を落とす っていうのも載っております。

が。なんと、もしかしたら

フライト中お化粧を落とさないほうがむしろ肌にいい

かもしれないらしいということを最近知りまして…。

というか日焼け止めはしておいたほうがいいらしいです。今回は、この衝撃の事実をご紹介しようと思います…。個人的なおすすめ日焼け止めも載せますよ。

衝撃!飛行機内はすごい紫外線らしい!!

飛行機に乗る時に、美容的に気を付けるべきこととしては”乾燥”がありますよね。飛行機内は乾燥がひどいっていうのは有名な話で、のどが痛くなっちゃうのでわたしは飛行機に乗る時は必ずマスクをしてます。満員の飛行機が世の中でいちばん風邪が蔓延しやすい空間なんだとか…!

もちろんこの乾燥は肌にも大敵。肌のためには湿度60パーセントぐらいは保ちたいところを、機内では20パーセント前後といわれています。げげっ、20パーセントって低すぎでしょう…めちゃくちゃ乾燥してる冬の日より乾燥してます。

実際たしかに、わたしも飛行機に乗ると肌がガビガビになっちゃうし指はささくれができちゃったりします。肌の乾燥対策のためにミストの化粧水やこってりした保湿力が高いクリームなんかを持って搭乗する人も多いですよね。

 

さらにお化粧をしていると肌を乾燥させる原因になるので、飛行機ではお化粧を落とす人がいます。っていうかわたしも落としてます。

ふつうは簡単にメイク落としでふき取って、化粧水やクリームで保湿をして…以上!ですよね。でもでも、ちょっとまった!

実はフライト中は、地上にいるとき以上に強い紫外線を浴びているんですって!!

よく考えたらふだんより太陽に近づいているんだから、当たり前っちゃ当たり前の話です。

わたしふだんの生活からめちゃくちゃ日焼けには気を付けてて、日に当たる時は日焼け止めをしているのにフライト中それ以上の紫外線をあびながらすっぴんでいたとか…まずいよそれは!!

化粧品

 

約1時間のフライトで日焼けマシーン20分とほぼ同じ

具体的にどれぐらいの紫外線を浴びているのかというと、あるアメリカの研究機関では

「約1時間のフライトで日焼けマシーン20分とほぼ同じ」

という結果が出たそうです。おいおい…勘弁してくれよ…!!

現にパイロットの方は大きな窓から強い紫外線を浴び続けるので、皮膚がんの発生率が高いんだそうです。(操縦室の窓はカーテン閉められないし)

 

さらに

CAさんたちも勤務中は日焼け止めを塗って勤務することが義務付けられている

のだとか。

もちろん彼らは日々のことなので健康に影響が出る可能性があるのであって、たまに飛行機に乗るぐらいでは大した影響はないそうですが…。

世の女性たちはちょっとでも日焼けやシミができないように躍起になっているのに、飛行機で紫外線を浴びているなんて!誰か早く言ってよ!!(;▽;)

 

フライト中の紫外線を防ぐには

それを知った以上、わたしたちは自分の肌は自分で守らねばなりません…。どうするのがベストなのよ??

紫外線には、肌を黒くするUVB波とシミの原因になるUVA波があります。

飛行機の窓ガラスはもちろんUVカット加工になっているのですが、どうやらUVA波がカットしきれないそうで…。

黒く焼けるほうならまだしも、シミの原因って嫌すぎる!

なので、UVA波を防ぐ効果がある日焼け止めを塗っておくのがおすすめです。

日焼け止めにもSPF値とPA値がありますが、

UVA波を防ぐのはPA値の高い日焼け止めです。

あたらしくフライト用に日焼け止めを購入する際はここの表示をチェックしてくださいね。

 

いままで機内でお化粧を落としていた人はスキンケアの最後に日焼け止めをプラスするのがいいと思います。

唇も焼けてしまうので、日焼け止め効果のあるリップクリームがあると安心。唇ってシミができちゃうとなかなか取れないらしいですよ…。

腕や首回りが露出している場合は、ここにも日焼け止めを塗りたいところ。

最近は保湿効果のある日焼け止めも多いので、ボディクリームがわりに塗って保湿することもできますね。

なんだかこれから寝ようっていうときに日焼け止めを塗るのは気が進まないですが…これもわたしたちの白肌を守るためにしょうがないですね…。

 

さらに重要なのが、窓のサンシェードを閉めること。

せっかく飛行機に乗っているんだから外の景色も楽しみたいのですが、太陽の光が外の雲や雪に跳ね返るとさらに紫外線が強まることもあるのだとか。怖い!!

確かにスキー場でも雪焼けってするし同じことなのね。わたしめっちゃ外の景色見るの好きなのに…雪山とか…。

言われてみると雲の上を飛んでる時に窓の外を見ると、尋常じゃないぐらい太陽がまぶしいことあるよね…。

でもサンシェードでかなりの紫外線がカットされるそうですよ。

また自分は通路側でも窓側の人がサンシェードを開けることも考えられるので、やっぱり日焼け止めがあると安心。「日に焼けたくないからシェード閉めてください」とは言いづらいし。

個人的には、最近の飛行機って窓にサンシェードがついていなくて自動で窓ガラスの色が暗くなるタイプあるじゃないですか…。たしかに暗くすると眩しくはないんだけど、あれって紫外線はどうなってるのか気になるところです…。

 

肌に優しい敏感肌用日焼け止めのおすすめ

 てなわけで最近はわたしも日中のフライト時は気を付けてるんですけども

機内で寝るのにあんまり重たい日焼け止め塗るのも嫌ですよねー。

汗をかいたりってことは少ないはずなので、落ちにくさより肌への負担が軽いものがいいなと思います。

実際に使ってみてよかったなーと思ったのがこちら。

オンリーミネラル

つけたまま眠れるファンデで有名なオンリーミネラル。もちろんUVカットはばっちりで、飛行機の中ですっぴんになるのはちょっと…というときに便利です。

トライアルサイズは旅行用にちょうどいいし、せっけんで落とせるのもありがたい。

UVカットがパワーアップしたオンリーミネラル⇒今だけお得!! 

 

ラロッシュポゼ

 

ラロッシュポゼけっこう好きです!わたしはBBも化粧水も愛用中~

においも刺激もなくて敏感肌用!ってかんじ。

乳液タイプで塗り心地が軽いので機内での保湿にも一役買います。

せっけんで落ちるから空港着いたら洗っちゃえばさっぱり!

近頃バラエティショップでも売られていて個人的にはうれしい限りです。

 

アクセーヌ

 

これもなかなか良き!!伸びも良いししっとりして使いやすい。

うっすら肌色がついているので化粧下地としても使えます。

ほんと個人的な話ですが、肌が敏感になって使える化粧品がない!

ってなったときでもアクセーヌは大丈夫だったので信頼してます。

(個人差はあると思いますが)

SPF28 PA++でその名の通りマイルド処方。

もっと強力なほうがお好みであればSPF50+PA++++の商品もありますよ。

 

次回の旅行には日焼け止めを持参しよう

フライトによっては、乗ってから降りるまで何時間もずーっと日中の空を飛ぶこともありますよね。太陽を追っかけて飛んでる、みたいな。

そのあいだじゅう強い紫外線が自分に降り注いでいると思うと…恐ろしや…!!

ついつい機内の乾燥対策ばっかり気にしていましたが、メイク落としてフェイスパックとかしている場合ではなかった。。

わたしも機内ではすっぴん派だったのですが、それを聞いてから日焼け止めを塗るようになりました。

みなさんぜひ日焼け止め持参してくださいね~機内持ち込みOKのトラベルサイズで!

 

 

日焼け止めの選び方を身を持って体験した話

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ