次の休みはドロンします。

旅行記や漢方養生、派遣OL記、生活の知恵など。漢方養生指導士

スポンサーリンク

【やや敏感肌】かぶれると噂のCLIOアイシャドウ使ってみたぞ【化粧品かぶれ対策】

以前アイシャドウでかぶれたことがあるので、

絶対に手を出してはいけないと肝に銘じていたのですが…

買ってしまいました、CLIO。

その結果やいかに…

 ↓↓アイシャドウでかぶれた話。。

www.kiravoyage.tokyo

 

かぶれる人続出?!クリオのアイシャドウを買った

f:id:kiravoyage:20210616192248j:plain

 

なんか、世代を超えて大人気じゃないですか、

クリオのアイシャドウ。

 

でもネットで調べようとすると、

「クリオ アイシャドウ かぶれる」

って出てくるわけですよ…そんなに…?!!

 

わたしも何回か化粧品かぶれ経験があるので

ちょっと躊躇した…けど買っちゃった。。笑

 

買ったのはこちら、コーラルトークという色。

 

 色のレビューは他の方にお任せしますが、

結論、いまのところ

わたしはかぶれていません。

(かぶれないように気を付けたことを後述します。)

 

使用期間は約1か月

毎日は使わず、2~3日おきの使用です。

(私の場合、合わないものは3回以内にだいたい症状が出る)

※今後異常が見られたら追記しますね!

 

いつ症状が出るか分からないと言えばそれまでなんだけど、

意外とかぶれずに使うことができました!!

 

クリオのアイシャドウでかぶれないように気を付けたこと

といっても個人差あるので参考程度なんですが、

わたしの肌質をざっくり話すと…

 

アイシャドウかぶれについて
  • 赤系、オレンジ系、大きめラメのアイシャドウでかぶれた経験あり
  • かぶれると赤くなって水ぶくれができる、かゆくなる
  • 目の中に入るとかゆくなる

 

アイシャドウ以外のかぶれについて
  • 若干の金属アレルギーあり(ピアスなど長時間つけるとかゆい)
  • 疲れると蕁麻疹がでたり肌荒れする
  • 口紅、リップ製品でかぶれやすい
  • スキンケア製品もたまに合わないものがある

 

こんな感じで、やや敏感肌気味の肌質ではあります。

クリオを使う上でなるべく肌荒れしないように

気を付けたことがあるので、参考までですが紹介します。

(どうしても使ってみたかった。w)

 

①メイク下地、ファンデーションをまぶたにも塗る

直接肌にアイシャドウが触るとよくないので、

いつも使っていて安心できるメイク下地や

ファンデーションでまぶたをカバーします。

 

「まぶたは皮膚が薄いのでアレルギーが出やすいです」

ってよく目にしますが、

だったら少しでも分厚くしてやろう、っていう魂胆。

 

②アイシャドウベースを使う

①と同じですが、さらにアイシャドウベースで保護!

わたしは&beのものを使用しています。

色つきですが、似合わないアイシャドウの色味を変えてくれるので肌馴染みが良くなります!

ただ、これも肌に合うか問題が発生するんだよね…

アレルギー防止の意味では無色のものがいいだろうな。。

 

↓商品情報のためにリンク貼りますが、店頭で購入したほうが安いかもしれません。

 

 ③なるべくシャドウが目の中に入らないようにする

 アイシャドウでかぶれるのって、

肌に触ってかぶれるのと

目の中に入ってかゆくなるパターンありますよね。。

 

まぶた表面はベースでカバーしたので、

今度は極力目の中にアイシャドウを入れない!!

粘膜近くまで塗りたい気持ちもわかりますが我慢…!

 

細部用のアイシャドウブラシを持ってると

操作性が上がってすごく良いです。

粉飛びも防ぐし、目の際ギリギリまで

細かく作業できるので仕上がりに満足できるかと。

実はクリオのパレットにもついてるんだけど、イマイチ使いづらい。。

 

④大きなラメは目の際は特に避ける

わたしも経験あるんですが、大きめのラメ、グリッターでかぶれる人も多いそうです。

理由は簡単で、あのキラキラしたのって金属なんですって。

なので金属アレルギーが起きてるわけですね。

特に粘膜にさわると症状が出やすいので、

とにかくラメが目の中に入るのを防ぐのが大事!

 

使うのであれば、がっちりベースで守られたまぶたに乗せるのが関の山かと。

わたしは下まぶたにのせたいときは、

必ず①②に加えコンシーラーも塗って(順不同)

細部用の筆でラメをピンポイントに載せるようにしています。

 

コンシーラーは最近ディオール使ってます。

↓↓伸びがいいしよれないし、目の下に使うにはオススメできます!

 

 ⑤メイクキープミスト(フィックスミスト)を使う

無事にメイクが終わったら、

今度はアイシャドウが落ちて目に入らないよう

メイクキープミストをスプレーします。

 

メイクキープミストとは、

その名の通り化粧モチが良くなるスプレー。

フィックスミストとも言います。

最近はマスク生活で使ってる人も多いのでは??

 

コツは、少し多めに吹きかけること。

ミストが乾くことでメイクがフィックスされるので

多めに使うとしっかり膜を作って、粉落ちを防いでくれます。

 

アイシャドウが頬骨あたりに粉飛びしてかゆくなった!!

っていう経験ある方も多いのでは??

(わたしもよくある)

個人的にはミスト使い始めてから、これが激減したと思います。

 

手にとりやすくて優秀なのはやっぱりコレ!ドラッグストアにも売ってます

 

⑥アイメイクリムーバーで落とす

 メイク落とし、かなり重要だと思います!!

せっかく一日じゅう皮膚トラブルなく過ごせたのに、

落としきれてないとかぶれてくるんですよねええ(泣

 

なので必ず、

目元用のメイク落としで確実に落とす。

 

わたしもありました。普通のメイク落としでチャチャッと済ませてた時期が。

意外と目に入ったりラメが残って肌について、そこから痒くなるのよ…。

 

ナチュラルメイクならいいんですけど、クリオは発色よし、ラメよし!!ですからね。

ぜひともポイントメイクリムーバーで丁寧に落としましょう。

 

コツは、リムーバーを多めに使ってまぶたに数秒あて、

なじませたら一気に落とす。(←これ重要)

なるべく一度に落とさないと、ファンデなどが落ちて露出した肌にアイシャドウがついてしまうことがあります。

肌とシャドウの接触を少しでも減らすため、

まぶたに載っているメイクはベースとシャドウの層ごといっぺんに落とすのがポイント。

 

 とはいえ目のキワなどは残っちゃうと思うので、コットンのきれいな部分で丁寧に落とす。

特に大粒ラメは一つも肌に残さないつもりで拾いきる。笑

 

わたしが使ってるのはビフェスタ。これけっこういいよ!

前にエスティローダー使ってすごくいいと思ってたけど、私的にはビフェスタも遜色ないかと…!

 

 以上、わたしが実践している

クリオでかぶれないためのポイント6つでした!!

めちゃくちゃ手間だけど、ここまでしても私は使いたいと思った。可愛いもん。。

もちろん人によっては対策しても全然ダメなこともあるかと思うので、無理しちゃダメです。絶対。

 

万全を期すためにはパッチテストも手

 肌に合うかどうか調べるには、パッチテストもひとつの方法です。

ざっくり方法を紹介すると、

腕の内側などやわらかい部分に化粧品を塗布し

2日~4日置いておき異常がないか確かめます。

 

各化粧品メーカーさんなどが詳しく方法を紹介されているので、ぜひ気になる方は調べてみてください。

 

歴代の痒くなったアイシャドウたち…

余談ですが、最後にいままで肌トラブルがあったブランドを紹介しようと思います。笑

あくまで個人的なことなので、参考までに…。

 

  • MAC
  • シャーロットティルブリー
  • ロムアンド
  • エトヴォス

 

こうやって見ると海外コスメ優勢ですかね…?

MACは何種類か持っていて、一つだけオレンジっぽい色がダメでした。

シャーロットは赤系のパレットだったんですが、たぶん大粒ラメと赤茶の締め色系がダメだった。

ロムアンドも大粒ラメと思われる。

エトヴォス…意外すぎませんか!!ナチュラル系だからといって安心できないっていう。

これは赤系のクリームタイプで、リップやチークにも使えるものでした。唇と頬も洩れなくかぶれた思い出。(!!!)

 

MACの美容部員さんの話では、赤・ピンク系でトラブルある人が多いらしいです。

たまに「韓国コスメはかぶれるから信用できない!」って口コミ見かけることもあるんですが、というよりは韓国コスメはかぶれやすい色味が多いんじゃないかな…?とも思う。

 

あと、MACやシャーロットでもかぶれたことを考えると、

やっぱりバッチバチに発色するものってトラブル出やすいんでしょうね。

 

今回CLIOのパレットを多くの人が手に取って、発色の強いシャドウに触れる機会が増えたからトラブルが起きる人も増えた、ってことなんじゃないかなあ。分かんないけど。。

 

とりあえず、今のところわたしは対策することで、

CLIOのパレットを無事に使えております!

今後トラブルがあったら追記しますね…!!

 

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ
にほんブログ村 

 

www.kiravoyage.tokyo

 

www.kiravoyage.tokyo

 

www.kiravoyage.tokyo

 

www.kiravoyage.tokyo

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ